Top >  郵便局の投資信託とは

郵便局の投資信託とは

郵便局の投資信託とは?郵便局の投資信託の始まりとその背景。郵便局の投資信託の業務は?郵便局は投資信託を運用しているのではなく販売をしています。そうしたことを理解してから投資信託を買いましょう。

郵便局の投資信託とは一覧

投資信託ガイド

郵便局の投資信託の始まり

郵便局で投資信託が買えるようになったのは2005年10月からです。証券会社が主だった投資信託の販売も、今では銀行、郵便局へと広がっています。郵便局投資信託が開始されてから、順調にその業績は伸び、取り扱っている投資信託もスタート時に比べ種類が増えています。

郵便局の投資信託 業務

郵便局の投資信託の業務とは、いわゆる投資信託の紹介と販売です。
つまりは投資信託の販売を取り次いでいるのであって、投資信託の運用をしているわけではないのです。運用を行うのは投資信託を発行している会社です。

なぜ郵便局も投資信託を始めたの?

郵便局が投資信託の販売を始めたことで投資信託への関心が高まりました。私たちは定期預金などの他にも投資信託などの金融商品について考える必要があるようです。