郵便局の投資信託

郵便局の投資信託を考えていきます。郵便局で投資信託を始める人が増えています。郵便局で投資信託を購入するメリットは?投資信託の価格は?など、郵便局の投資信託を解説・検証します。郵便局の職員や郵便局のホームページからの情報だけでなく、周りの客観的な情報を収集して郵便局で投資信託を始めることのメリットやデメリットを理解しましょう。

« 2006年06月 | Top2007年01月 »

新着情報【2006年12月】

郵便局から投資信託を買った場合、投資者保護基金という制度は適用されません。「投資者保護基金」はそもそも、証券会社が経営破綻し、投資家の資産の返還に支障が出た場合、その支払いを保証するための基金です。証券会社しか入ることができないので、銀行や郵便局は対象外なのです。