スポンサードリンク

Top >  郵便局の投資信託とは >  郵便局の投資信託の始まり

郵便局の投資信託の始まり

郵便局で投資信託が買えるようになったのは2005年10月からです。
郵便局はかつては郵便貯金や郵便業務、それから簡易保険などの業務が主でしたが、郵政が民営化してサービスも豊富になり、投資信託も取り扱うようになりました。
郵便局で投資信託を?と思う人もいるかもしれませんが、郵便局投資信託が開始されてから、順調にその業績は伸びているようです。
取り扱っている投資信託もスタート時に比べ種類が増えています。
証券会社が主だった投資信託の販売も、今では銀行、郵便局へと広がっています。
郵便局のように国民の生活に密着した業務を行い、元本保証の安全な金融商品しか扱っていなかった機関が投資信託の販売を始めたという事で、「投資」が私たちにより身近なものになりました。
これまでは定期預金くらいしかしていなかった人も、資産運用の手段として投資信託を考えるきっかけとなったようです。

郵便局の投資信託とは

郵便局の投資信託とは?郵便局の投資信託の始まりとその背景。郵便局の投資信託の業務は?郵便局は投資信託を運用しているのではなく販売をしています。そうしたことを理解してから投資信託を買いましょう。

関連エントリー

郵便局の投資信託の始まり 郵便局の投資信託 業務 なぜ郵便局も投資信託を始めたの?