郵便局の投資信託

郵便局の投資信託を考えていきます。郵便局で投資信託を始める人が増えています。郵便局で投資信託を購入するメリットは?投資信託の価格は?など、郵便局の投資信託を解説・検証します。郵便局の職員や郵便局のホームページからの情報だけでなく、周りの客観的な情報を収集して郵便局で投資信託を始めることのメリットやデメリットを理解しましょう。

« 2007年03月 | Top2007年05月 »

新着情報【2007年04月】

投資信託の換金の申込みは取扱郵便局でします。その際に、投資信託の換金方法として買取請求・解約請求の2つの方法のどちらかを選びます。

投資信託の税金は分配金を受け取るときと、買った投資信託を換金したときにかかります。投資信託の税金というと複雑そうですが、基本的なことだけを押さえれば大丈夫です。

郵便局の投資信託はメリットだけではありません。やはりデメリットもありますので、よく理解したうえで始めましょう。

投資信託では、分配金を受け取る際に税金がかかります。 追加型株式投資信託の場合、分配金のうち普通分配金は配当所得とみなされます。

投資信託の換金方法には買取請求と解約請求があって、換金の際はどちらかを選びます。 (買取のできない販売会社もあります。)