郵便局の投資信託

郵便局の投資信託を考えていきます。郵便局で投資信託を始める人が増えています。郵便局で投資信託を購入するメリットは?投資信託の価格は?など、郵便局の投資信託を解説・検証します。郵便局の職員や郵便局のホームページからの情報だけでなく、周りの客観的な情報を収集して郵便局で投資信託を始めることのメリットやデメリットを理解しましょう。

« 2007年04月 | Top2007年06月 »

新着情報【2007年05月】

投資信託は10,000円という少額から購入できます。通常、株式や債券などに直接投資するには、まとまった資金が必要ですが、投資信託であれば少ない資金で投資を始めることができます。

投資信託を購入する際には販売手数料がかかります。

郵便局の投資信託 購入の申込みは、投資信託口座を開設した取り扱い郵便局でします。まずは買いたい投資信託を選んだら、目論見書をしっかりと確認しましょう。目論見書は大切ですので、面倒からずに読んでみてください。

投資信託の購入方法には金額指定で投資信託を購入する方法と、 自動積立方式(毎月積立て)で投資信託を購入する方法の2つがあります。

信託報酬は、投資信託の運用・管理にかかる費用です。 運用会社の経費をまかなうコストとして、投信の資産(信託財産)の中から自動的に差し引かれています。