スポンサードリンク

Top >  郵便局の投資信託の始め方 >  投資信託の購入方式を選ぶ

投資信託の購入方式を選ぶ

投資信託の購入方法には以下の2つの方法があります。

金額指定で投資信託を購入

投資信託を10,000円以上1円単位で購入できます。
たとえば、投資信託の当日の基準価額が10,000円で、50,000円分の申込金額をご指定された場合、簡便に購入口数を把握するため、申込金額を、基準価額に販売手数料を足した額で割って得た口数が購入口数となります。

たとえば、販売手数料3%(税込み)で基準価格が10,000口あたり10000円の投資信託を5万円分買うとします。
販売手数料は10000円の3%なので300円ですね。

よって、50000÷10300×10000=48543.68・・・=48544口です。
 ※実際の購入口数は、端数処理の関係で異なる場合があります。

自動積立方式(毎月積立て)で購入

指定した金額を毎月指定日(1日〜31日の間で指定)に買付けます。
指定購入日が非営業日の場合は当該日の翌営業日、指定購入申込日がない場合は当該月の末日。ただし、当該月の末日が非営業日の場合は、当該月の末日の翌営業日。

毎月の金額は10,000円以上1000円単位で指定できます。

毎月の積立金のほか、毎年2回以内で買増購入月を指定し、買い増しすることができます。

買い方については投資信託ガイド時間の分散ページを参考に。

郵便局の投資信託の始め方

郵便局で投資信託を買うための手続き方法について解説します。投資信託口座の開設から投資信託の買い方、換金方法まで。

関連エントリー

投資信託 口座の開設 投資信託の購入申込み 投資信託の購入方式を選ぶ 投資信託の換金までの流れ 換金方法を選ぶ 買取請求と解約請求 電話(コールセンター)で投信の購入