スポンサードリンク

Top >  投資信託の価格とコスト >  投資信託の価格は10,000円から

投資信託の価格は10,000円から


投資信託は10,000円という少額から購入できます。通常、株式や債券などに直接投資するには、まとまった資金が必要ですが、投資信託であれば少ない資金で投資を始めることができます。

金額を指定して投資信託を購入することができ、10,000円以上1円単位で購入できます。
また、毎月積立てで購入(自動積立方式)することもでき、指定した金額を毎月の指定日(1日〜31日の間で指定)に、その金額で買える数量の投資信託を買付けます。
自動積立方式では、毎月の金額は10,000円以上1000円単位で指定できます。

郵便局では数量を指定して購入することはできませんが、長期的に見れば一定数量ずつ買い続けた場合に比べると、一定金額ずつ買い続けたほうが、平均購入単価を安く抑える効果が期待できます。

これをドルコスト平均法といいます。
ただし、このドルコスト平均法も、一定数量よりは一定金額の方が良いということには賛成ですが、特別に有利な投資法ということではなく、単なる継続して続けられる積立て法にすぎないとの意見もあります。
ご自身で基準価格や商品をそのつど選んで有利な時に少しずつ買い付けていくのと、その手間が難しく、それなら継続して投資信託を購入できるのと、どちらが自分に合っているかを考えて選びましょう。


投資信託の価格とコスト

郵便局の投資信託の価格や手数料・信託報酬などのコストについて解説します。投資信託を購入する際の販売手数料や信託報酬や税金などを理解しましょう。

関連エントリー

投資信託の価格は10,000円から 投資信託の販売手数料 投資信託の信託報酬 投資信託の税金について 分配金を受け取る際の税金 投資信託を換金するときの税金